Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

格安simのiij(Bicsim)みおふぉんへ変更 その1.変更の経緯と手順

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ブログを長く書いておりませんでした。

仕事で週1回メルマガを発行するようになり、
文章を書くことは、そちらに注力していたこともあり
なかなかブログに気をまわす余裕ができませんでした。

文章を書くって、やっぱり大変です。

変更の経緯

さて題名にもある通り、この度MNP(ナンバーポータビリティ)で
格安SIMのiij(Bicsim)みおふぉんへ変更しました。
これまでJ-Phone → vodafone → Softbankと、
浮気する事無く非常に長くおつきあいさせていただいておりました。

しかし、最近どうも大手キャリアさんのサービスや価格設定には
振り回されているというか、好きにされすぎているような雰囲気があるのと、
長いおつきあいをいいことに、ないがしろにされている感も否めないということで思い立ったわけであります。

タイミングとしては、iPhone6や6plusのsimフリー版の発売もあり
各格安sim会社が音声通話も含め使えるようになってきたという情報があっての事です。

どうせやるならと、自分の分・相方の分・父親の分、3台一気に変更しました!

さて、今回なぜiij(Bicsim)を選んだのかというと
現時点でのサービスと価格が自分にぴったりだった、という実に単純な理由です。

ただ、これ以外に重要な点が2つあります。

■1. Bicsimの場合、大阪日本橋のビックカメラに受付カウンターができ
即日simを受け取って、MNP(ナンバーポータビリティ)が可能という点。
■2. iijではなくBicsimにすると「公衆無線LAN Wi2 300」が使える点。

そしてタイミングよく通信容量が倍になるという発表もありましたしね。

■1.について
通常格安sim会社へMNPをするとなるとネットでやりとりすることが多いようで、数日間(3~7日程度?)電話が使えない状態になります。仕事で使っている携帯なら特にこれは困ります。

■2.について
せっかく格安simに乗り換えても、使えなければ意味がありません。
ネットへの接続手段を別に準備されているというのは非常に良い事だと思います。

他の格安sim会社はわかりませんが
iijの場合、通常のデータ通信でも低速と高速を準備されていて
アプリを使って切り替えががカンタンにできます。
高速通信はデータ使用量にカウントされますが、低速ではカウントされません。
ユーザーが自分に合わせた方法を考えながら運用でき、
なおかつ回線の圧迫を防ぐことができるので快適な環境を提供できる、ということなんでしょう。

とはいえ、各格安sim会社はここへきてサービスや価格でしのぎを削っています。
どこの会社がどういう仕組みで運用されるか、サービスや価格は?と言った点は
これからまた色々変わってくると思いますので、各社のサービス比較は行いません。

格安sim会社へのMNPの大まかな手順

1. simロックフリー端末の入手

格安sim会社が使用している回線によるのかと思いますが、
iijはdocomo回線なのでdocomoのロックはかかっているものでもいけるようです。

僕の場合Softbankだったのと、新しいiPhoneが欲しかったので
AppleのサイトからsimロックフリーのiPnoe6を購入。
相方と父親はiPhone6plusを購入しました。

尚、本体が届くまでにiPnoe6で4日程度、6plusで3週間ほどかかりました。

2. MNP予約番号の入手

本体が入手できたら、次はMNP予約番号の入手です。
これは元の携帯会社さんで入手してください。ショップでも電話でも可。
僕は電話でしましたが、オペレーターさんに繋がるまでに10分以上待たされました。

また、iijの場合、電話番号を維持しての「名義変更ができない」ようなので
もしこの際に名義変更も、と考えておられる場合は、元の携帯会社さんで行っておきましょう。
Softbankの場合、名義変更は締日に行わないと1ヶ月分の請求が2重にかかるという謎仕様ですので
締日確認と日程調整をお忘れなく。

もちろん2年縛りの契約のところで解約費用がかかります。
僕はダラダラ契約していても仕方が無いと割り切って3台分費用を払って解約しました。

また、MNP予約電話の際にオペレーターさんから
「このまま残ってもらえるようなら3万円分サービスしますので」とか言われましたが
残念ながらすごく逆効果で「何を今更…」と思った自分がいたことも付け加えておきます。

尚、MNP予約番号の有効期限は14日間となりますので、こちらも日程調整の際はご注意ください。

3. 新しいsimカードの入手

その前に、どこと契約してどのプランにするかは熟考してください。

Bicsimのように即日契約ができるところが近場にあれば良いですが、
そうでない場合はネットや郵送でのやり取りとなり
数日間電話が使えなくなる可能性もあります。

ちなみに、大阪日本橋のビックカメラさんはカウンターができたばかりという事もあって
休日で最大4時間待ちとかになったようです。
僕は平日の空いたときにいきましたが、それでも契約始め〜入手まで2時間ほどかかりました。

以上のように、なかなか時間も手間もかかるので面倒ではありますが
終わってみるとすごく解放された気分になりました。

そして、解約や初期に必要となる費用は別として、

◇月々の支払いが単純に5000円以上は下がるというのは精神衛生上すばらしくよいです。

◇大手キャリアさんの得だか損だかよくわからない上に、足したり引いたりする謎の料金設定からも解放されました。

◇携帯ショップ店員でもない僕が親から「この請求はどういう意味?」と聞かれる事もありませんし、何度も同じ説明をする手間もなくなりました。

本体代はこの金額。
データ使用量はと料金はこう。
電話代はこういう設定。

他にはありません。シンプルで判りやすいです。