Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170828]EV車と自動運転で、無事故で無公害の移動という理想に向けハードルを越えていこう。<39文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/8/28付

骨のずいまでシボレーで/あとでひじてつクラウンさ――。小林旭さんの「自動車ショー歌」だ。高度成長のただ中にあった1964年の発表で、庶民憧れの的だった内外の車の名が詞にちりばめられている。むんむんとガソリンの匂いが漂ってきそうな一曲である。
▼以来、半世紀余り。燃料を爆発させ動力を得る車に代わり、コイルや磁石を使う電気自動車(EV)が主役に躍り出る気配だ。中国などで環境規制が厳しくなり、英仏は2040年までにエンジン車の販売を禁止するという。自動運転の技術のレベルアップと相まって、無事故で無公害の移動という夢の実現は近そうだ
▼しかし、良いことずくめでもないらしい。EVは稼働部品が少なく、構造が従来の車より単純だ。組み立てに必要な人員が大幅に減ると予想されている。系列のメーカーへの影響も大きく、雇用にとり打撃となりかねない。さらに、充電の際の電力を何で生み出すかによって、地球環境やエネルギーの需給も左右しそうだ。
小林さんのショー歌は、ビッグバンドを背にアキラ節で朗々と歌われた。そこには焼け跡から立ち上がり、何とか車という豊かさを手にした自負も響いている。ならば、理想の新技術の発展へ、我々も多くのハードルを越え21世紀のショー歌を奏でよう。テスラに、リーフにアイ・ミーブ……。まだ曲には足りないな。

要約

[300/300文字]
小林旭さんの「自動車ショー歌」は高度成長の1964年の発表で、庶民憧れの的だった内外の車の名が詞にちりばめられている。

以来、半世紀余り。
燃料を爆発させて動力を得る車に代わり、コイルや磁石を使うEVが主役に躍り出る気配だ。
自動運転の技術のレベルアップと相まって、無事故で無公害の移動という夢の実現は近そうだ。

しかし、EVは組み立てに必要な人員が大幅に減ると予想され、雇用にとり打撃となりかねない。
さらに、充電の際の電力を何で生み出すかによって、地球環境やエネルギーの需給も左右しそうだ。

小林さんのショー歌は、焼け跡から立ち上がり、車という豊かさを手にした自負も響いている。
ならば、理想の新技術の発展へ、我々も多くのハードルを越え、21世紀のショー歌を奏でよう。

[191/200文字]
庶民憧れの的だった車の名が詞にちりばめられた「自動車ショー歌」から半世紀余り。

EV車が主役に躍り出る気配だ。
自動運転の技術のレベルアップと相まって、無事故で無公害の移動という夢の実現は近そうだ。

しかし、EV組み立てには必要な人員が大幅に減ると予想され、充電の際の電力を何で生み出すかによって、地球環境やエネルギーの需給も左右しそうだ。

理想の新技術の発展へ、我々も多くのハードルを越え、21世紀のショー歌を奏でよう。