[春秋要約170122]役人の天下りやヘイトスピーチが目立つ日本。未来を映す鏡として米国を注視したい。<39文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/1/22付

自分のすぐ近くにいる前任者の統治を、あからさまに非難する。20日のトランプ米大統領の就任演説は支持者たちの耳には痛快に響いたことだろう。エリート層への富の集中を非難し、口先だけの政治家を否定し、今日から権力は国民の手に戻ったと高らかに宣言した。
▼テレビに映るオバマ氏の硬い表情が印象に残る新大統領は演説で一般の米国民を被害者だと位置づけた。敵の一つはワシントンなどのエリート層。もう一つは外国だ。奪われた工場や雇用を取り戻すのだという。あなたが苦しいのは被害者だから犯人はあいつらだ――。耳に心地いい訴えではあるが、果たして的確か。
▼反トランプ氏のデモも多かった。「アメリカ人の大きな特権は、失敗を犯してもこれを正す自由がある点にある」(トクヴィル「アメリカのデモクラシー」松本礼二訳)という言葉を思い出す。祝賀の日ですら異議を申し立てる人々は米国社会の活力の表れでもある。打ち上げ花火のような施策だけなら、先は苦しかろう
▼さて、わが日本はどうか。文部科学省の役人が有名大学へ不正に天下りをしていたことがわかった。真面目に働く人々の間にいら立ちが募る。ヘイトスピーチなど、特定の集団などをやり玉にあげ、憎悪をあおる言説も目立つようになった。トランプ大統領を生んだ米国は日本の未来を映す。そういう点でも注視したい。

要約

[292/300文字]
トランプ米大統領は就任演説で、今日から権力は国民の手に戻ったと高らかに宣言した。

新大統領は演説で一般の米国民を被害者だと位置づけた。
敵の一つはワシントンなどのエリート層。
もう一つは外国だ。
奪われた工場や雇用を取り戻すのだという。
耳に心地いい訴えではあるが、果たして的確か。

反トランプ氏のデモも多かった。
祝賀の日ですら異議を申し立てる人々は米国社会の活力の表れでもある。

さて、わが日本はどうか。
文部科学省の役人が有名大学へ不正に天下りをしていたことがわかった。
ヘイトスピーチなど、特定の集団などをやり玉にあげ、憎悪をあおる言説も目立つようになった。
トランプ大統領を生んだ米国は日本の未来を映す鏡。
そういう点でも注視したい。

[194/200文字]
トランプ米大統領は就任演説で、今日から権力は国民の手に戻ったと宣言した。

新大統領は演説で一般の米国民を被害者だと位置づけた。
エリート層や外国を敵とした。
奪われた工場や雇用を取り戻すのだというが、果たして的確か。

反トランプ氏のデモも多かったが、それは米国社会の活力の表れでもある。

わが日本では、文部科学省の役人の天下りが発覚し、ヘイトスピーチも目立つようになった。
米国は日本の未来を映す鏡。
そういう点でも注視したい。