[春秋要約170312]「森友学園」問題を知らぬふりでは政治のこけんにかかわる。なぞ解きは国会の仕事だ。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/3/12付

「思い知ったか」。接待役がいきなり、大先輩に切りつけた。大事な催しの直前。江戸城内でのけんかである。大騒ぎになった。斬った赤穂の殿様は切腹となり藩はつぶれる。太平の世をあっと驚かせる「忠臣蔵」の始まりだった。300年以上前のいまごろのことだ。
原因はわかっていない。武士のこけんにかかわる。よほどの恨みがあったのだろう。こけんは、体面や品格を意味する。もとは売り買いに使う紙、沽券(こけん)のことだ。平安のころに、土地の売買などで登場した。話がまとまると、売り主が、買い手に渡す。いくらで、だれに売ったのか。みんなに証明できる大切な証文だった。
▼国有地売買をめぐる「森友学園」問題はびっくり箱だ疑惑が次々に飛び出した理事長は小学校の認可申請を取り下げたが、自説をならべるだけで、多くの疑問に答えていない。驚くほどの安値のわけも、いまだに、はっきりしない。国や大阪府に出した校舎建設費はすべて食い違っていたなぞは深まるばかりである。
四十七士はプライドに命をかけた。土地の証文は時をへて、体面などをさすようになった。内容にごまかしやウソがあれば、品格が傷つくからだろう。国の土地の利用や学校の設立に、インチキはなかったのか政治家はどこまでからんだのかなぞ解きはやはり国会の仕事だ。知らぬふりでは、政治のこけんにかかわる。

要約

[294/300文字]
「忠臣蔵」では接待役がいきなり、大先輩に切りつけた。
斬った赤穂の殿様は切腹となり藩はつぶれる。

武士のこけんにかかわるほどの恨みがあったのだろう。
こけんは、体面や品格を意味する。
もとは平安のころに土地の売買などで登場した沽券のことだ。
いくらで、だれに売ったのか。
みんなに証明できる大切な証文だった。

国有地売買をめぐる「森友学園」問題で、理事長は多くの疑問に答えていない。
驚くほどの安値のわけもはっきりしない。
国や大阪府に出した校舎建設費はすべて食い違っていた。
なぞは深まるばかりである。

国の土地の利用や学校の設立に、インチキはなかったのか。
政治家はどこまでからんだのか。
なぞ解きはやはり国会の仕事だ。
知らぬふりでは、政治のこけんにかかわる。

[187/200文字]
「忠臣蔵」では武士のこけんにかかわるほどの恨みがあったのだろう。
こけんは、体面や品格を意味する。
沽券とは平安のころ登場した土地の売買などを証明できる証文だ。

国有地売買をめぐる「森友学園」問題で、理事長は多くの疑問に答えていない。
なぞは深まるばかりである。

国の土地の利用や学校の設立に、インチキはなかったのか。
政治家はどこまでからんだのか。
なぞ解きはやはり国会の仕事だ。
知らぬふりでは、政治のこけんにかかわる。