談山神社まで走って行って、参拝して、走って帰る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

昨日は勤労感謝の日で一応休日ということもあり
相方が「談山神社に高揚を見に行きたい」と言った。

談山神社は奈良県桜井市の多武峰にあって、桜と紅葉が有名。
中臣鎌足が祀られている。大化の改新の談合が行われた場所だ。

そこそこ、山の上にあって通常は車で行くところなのだが
奈良マラソンまで3週間を切っているし、
30Km程度のランニングもしておかないといけないので、提案した。

「現地集合現地解散でどう?」
「オッケー」
ということで、コース決め。

行きは橿原神宮〜明日香の石舞台のあたりを通って、
帰りは桜井駅のほうに抜け橿原方面へ向かうことに。

早速出発だが、曇りでほんの少し肌寒く走るにはちょうどいい。
走っている最中は特段書くこともないのですっとばすが
明日香〜石舞台は観光客もぼちぼち多く、いかにも秋の観光シーズンらしい。

ほとんどの人は車で訪れるようだが、
中には飛鳥駅あたりでレンタル自転車でも借りたのか、自転車の人も。

石舞台から先は、談山神社までかなりの坂道が続く。
車やバイクは数台走っていたが、自転車やランナーには合わなかった。

結局、談山神社まで14Kmほどだったが途中の急な坂道は
さすがにかなり走るのが遅かったらしく、
後でiPhoneの移動履歴を見ると、「徒歩」と判定されていた。

神社直前の道路は、紅葉を見に来た車の列がずらっと駐車場待ちをして
かなり手前(徒歩20〜30分)には臨時駐車場も準備されていた。
先週は駐車場に入るにのに1時間待ちだったらしい。
観光バスや臨時バスも頻繁に出入りしていた。

かなり余裕を見ていてくれたのか、自分が到着してから20分ほどして
相方が到着したが、連絡しておいたこともあって
車は臨時駐車場に停めたとのことだった。

談山神社に入る前に、下の景色のところで
買ってきてもらったおにぎりを食べて、お茶を飲んでしばし休憩。
img_3222

紅葉は終盤でやや枯れ気味ではあったものの、
カメラマンやカメラ女子の多いこと!

そして、神社に入り参拝。
img_3225img_3224img_3226

汗をかいてからの参拝で、ちょっと寒かった。
紅葉も銀杏の黄色もなかなか良かったが、
やっぱりあと1週間早ければもっと綺麗だったはず。

帰りの参道で草餅を買って一口だけかじる。
紅葉よりもこっちが目当てか。

帰りも走って帰るのか、と少し心が折れそうになったけど、帰りはほぼ下り。
帰りはいくつかの自転車乗りのグループとすれ違った。
走りもしんどいけど、自転車もかなり力強くこいで登っていた。

コースは違えどやっぱり14Kmほどで家にたどり着き
甘酒を飲んで風呂に入って、こたつでアイス。

参拝の際の徒歩も合わせてちょうど30Kmほどの移動。
そして、今日はふくらはぎがパンパンになってます。

いい練習コースだったけど、次は春に桜かな?