Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170503]高い志でつくられた憲法施行から70周年。いま日本人が問われているのはより高い志だ。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/5/3付

「赤とんぼ」や「からたちの花」など日本的な詩情にあふれた名曲を多く生んだ山田耕筰は、音楽の国際的な交流にも情熱をかたむけたその取り組みがめぐりめぐって、日本国憲法の中身に決して小さくない影響をおよぼしたのは、運命の不思議というよりほかない。
▼1928年。ロシア出身の天才ピアニスト、レオ・シロタは演奏旅行で中国のハルビンに滞在していた。そこを訪れた山田は、日本での演奏や指導を要請した。訪日したシロタは日本びいきになり、ウィーンで暮らしていた妻子とともに日本に移り住んだ一人娘のベアテが米国に留学したあとも、夫妻は日本で暮らした
▼日本の敗戦後、ベアテはGHQ(連合国軍総司令部)民政局(GS)の一員として、日本国憲法のもとになるGHQ草案の人権に関する条文づくりに深くたずさわることになる。戦前の日本で10年を過ごした経験から、女性の地位を高めることに強い使命感を覚えたと、自伝「1945年のクリスマス」で振り返っている。
▼GHQ草案に当時の閣僚の多くは発した。「他国から移入した制度は容易に根を張るものではない」といった声が伝えられている。そしてできた憲法はしかし、施行から70周年を迎えた。明治憲法より長生きしているのは、ベアテらの志の高さのたまものではないか。いま日本人が問われているのは、より高い志だろう。

要約

[298/300文字]
山田耕筰の音楽の国際交流が、日本国憲法の中身に影響をおよぼした。
1928年。山田はロシア出身のレオ・シロタに日本での演奏や指導を要請した。
訪日したシロタは日本びいきになり、日本に移り住んだ。
一人娘のベアテが米国に留学したあとも、夫妻は日本で暮らした。

日本の敗戦後、ベアテはGHQ民政局の一員として、人権に関する条文づくりにたずさわる。
戦前の日本で10年を過ごし、女性の地位を高めることに強い使命感を覚えたと、振り返っている。
GHQ草案に当時の閣僚の多くは「他国から移入した制度は容易に根を張るものではない」と反発した。
しかしできた憲法は、施行から70周年を迎えた。
これは、ベアテらの志の高さのたまものではないか。
いま日本人が問われているのは、より高い志だろう。

[198/200文字]
山田耕筰の音楽の国際交流が、日本国憲法に影響をおよぼした。
演奏や指導を要請したロシア出身のレオ・シロタが日本に移り住み、娘のベアテが米国に留学したあとも夫妻は日本で暮らした。

日本の敗戦後、ベアテはGHQ民政局の一員として、人権に関する条文づくりにたずさわる。

GHQ草案に当時の閣僚の多くは反発したが、できた憲法は施行から70周年を迎えたのはベアテらの志の高さのたまものではないか。
いま日本人が問われているのは、より高い志だろう。