Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

iPhone6のバッテリーをドキドキしながら自分で交換してみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

昨日は文化の日で時間も取れたので、かねてからの計画を実行することに。
計画とはiPhone6のバッテリー交換だ。

iOS9.3.4にアップデートしたあたりから、急にバッテリーの持ちの悪さを
体感するようになり、外出時にはモバイルバッテリーを手放せない状況に。
家の中でも充電器が手放せなくなり、ものすごく不便。

一度、色々調べて「バッテリーの消耗を抑える設定」に変えたりしたが
体感できるような改善はしなかった。
その後「iPhoneの復元」も行ってみたが、途中でiTunesで確認すると
なぜかディスクの使用量の「その他」の項目が20GB以上になり、
音楽の同期を止めるハメになるわ、
元々入れていたアプリがiPhoneに復元されず、5回ほど復元をやり直すハメになるわで散々。

最終的に、音楽の同期は無し、「その他」の項目も減り、アプリ復活の状態までできたが
元々の目的のバッテリーの持ちは、全く改善されず。
「なんじゃあ、こりゃー!?無駄にした時間と労力を返せ!!!!!」と思ったがどうしようもない。

img_3185
40分程使って、36%もバッテリーが減っている。
これはまだマシな方で、バッテリーの残量が80%で落ちることもあったので
ひどい時は充電器を繋いでいないと20分も使えないことも多発していた。

次にできるのがバッテリーの交換ということに。
で、バッテリーの交換についてまたまた調べてみると
もう2年ほどになる僕のiPhone6は1年間の保証も過ぎ、AppleCareにも入っていないため
アップルへの持ち込みでの交換は10000円前後と判る。

「高いなぁ」ということで、他を調べると街のiPhone修理屋さんで5000〜7500円程。
これも微妙な価格だ。
さらに調べると、自力で交換するキットもある様子。2500円程か?

これならと、さらに調べると前面のガラス交換なんかよりは手軽そう。
何とかできるかもしれないと早速Amazonで注文。

Amazonに注文

色々ある中から、今回は


を選択。
バッテリーだけに、変なのを掴まされるのは困るのでなるべく慎重に選んだんですが、
実質費用は1800円程で済みました。

作業開始

当然、商品は問題なく届き作業を開始するわけだが
「何とかなりそう」と思ったものの、基本的にこういう細かい作業は苦手。
手順などでミスをするのは困るので、PCでバッテリー交換の手順がわかる
http://www.i-fix.biz/fs/iphone/c/kaisetu-iphone6-battery-1
YouTubeのhttps://www.youtube.com/watch?v=e5Pcm4GMm2kを開き
めちゃくちゃ小さいネジに悪戦苦闘しながら進めていく。

ネジ類を取り外す手順は色々あるようだが、それはどうでもいい。
そして、分解の最後にバッテリーを外すのだが
固定されていた両面テープがガッチリくっついていて途中で切れた上に
その粘着力が強すぎて間に金属棒をテコにして噛ませながら力づくで取るハメに。

おかげで、何とか取り外した元のバッテリーはこんな状態に。
img_3202
危険な事に熱を持ちはじめていたが、ここまでやって途中で止めるわけにはいかなかった。

手間はかかってヒヤヒヤしたものの、外せてしまえばこっちのもの。
新しいバッテリーを装着し、外したのと逆の手順で組み立てて完成!!

組み上がり後、再起動して確認するとバッテリーは38%だったが
無事充電もできるし、不具合もなさそう。
一旦、95%くらいまで充電して電池の減り具合を確認しようと色々触ってみたが
なかなか電池が減らない

「おお〜、そういえば元々はこうだったかもしれない。。。
こんなに電池の持ちが良いものだったんだ。」と、当たり前のことに感動しながら
これであと2年はiPhone6で戦えるぞと嬉しくなりました。

皆さんも、1年半〜使ってどうも電池の持ちが悪くなったなと思ったら
自力でバッテリー交換してみてはいかがでしょうか?スッキリしますよ!!!
但し、自己責任ではありますが。