[春秋要約161218]厚生労働省の受動喫煙対策案は反対意見も多いが、喫煙者も少し遠慮して欲しい。<37文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2016/12/18付

東京の下町。うまい魚と日本酒を出す居酒屋で独酌を楽しんでいたら、カウンターの隣の席に座ったおやじが紫煙をくゆらし始めた。料理にも手をつけずプカリ、プカリ。本人はご満悦の体だが、まわりはたまらない。せっかくの「孤独のグルメ」が台無しではないか。
▼こちらも元スモーカーゆえ気持ちがわからぬでもないが、こういう場面では逃げ出したくなる。世の多くの嫌煙家はもっと不愉快な思いをしていよう。さて、そんなたばこ喫(の)みの聖域も一掃とあいなるのかどうか。厚生労働省が2020年東京五輪・パラリンピックに向け、なかなか踏み込んだ受動喫煙対策案をまとめた
医療機関や学校は敷地内が全面禁煙官公庁なども建物内はダメ、そして一般の飲食店も分煙は認めず、吸えるのは密閉された喫煙室だけという。これでも世界標準より緩いそうだが、業界の反発は激しい。ちまたの小さな店では喫煙室設置など無理、かといって完全禁煙にすれば客が減って死活問題だと総スカンである
▼自民党でも反対意見が噴き出しているというから、一筋縄ではいかないだろう。日本の津々浦々の、茶の間みたいな焼鳥屋やおでん屋。そうした店まであまねく禁煙にできるものか、たしかに現実的には難しい話だ――などと熱燗(あつかん)を口に運びつつ思いやっていると、また隣のおやじがプカリとやった。すこしは遠慮してよ。

要約

[294/300文字]
居酒屋で隣に座ったおやじが紫煙をくゆらし始めた。
本人はご満悦の体だが、まわりはたまらない。

そんなたばこ喫みの聖域も一掃となるのか。
厚生労働省が2020年東京五輪・パラリンピックに向け受動喫煙対策案をまとめた。

医療機関や学校は敷地内全面禁煙、官公庁なども建物内はダメ、そして一般の飲食店も分煙は認めず、吸えるのは密閉された喫煙室だけという。
世界標準より緩いそうだが、業界の反発は激しい。
小さな店では喫煙室設置など無理、かといって完全禁煙にすれば客が減って死活問題だと総スカン。

自民党でも反対意見が出ているというから、一筋縄ではいかないだろう。
焼鳥屋やおでん屋のような小さな店まで禁煙にするのは難しいが、喫煙者も少し遠慮して欲しい。

[180/200文字]
たばこ喫みの聖域も一掃となるのか。
厚生労働省が2020年東京五輪・パラリンピックに向け受動喫煙対策案をまとめた。

世界標準より緩いそうだが、業界の反発は激しい。
一般の飲食店も分煙は認めず、吸えるのは密閉された喫煙室だけという。
小さな店では死活問題だと総スカン。

自民党でも反対意見が出ているというから、一筋縄ではいかないだろう。
小さな店まで禁煙にするのは難しいが、喫煙者も少し遠慮して欲しい。