Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170113]当分トランプ次期米大統領の発言に振り回されるだろうが、策に溺れていないよう祈る。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/1/13付

約300と0。トランプ次期米大統領が、昨年11月の選挙での勝利後「ありえない!」などツイッターに投稿をした数と記者会見に応じた回数だ。その0が、やっと1になった。10本もの星条旗を背に、赤のネクタイで腕を大きく上下させての正調トランプ音頭である。
▼まもなく就くのは、一時の勢い衰えたりとはいえ、自由と民主主義の価値観で世界を導く超大国のトップの座だ。それなのにのどや節回しは激しかった選挙戦と比べ少しも変わらない。「私は最大の雇用創出者になる」と自信たっぷりに宣言してみせる一方、中国、日本との貿易不均衡を嘆き、おなじみの壁にも言及した。
▼自画自賛や被害の訴えに加え「米国を去る企業には高い関税をかける」と威圧も忘れなかった。駆け引きでは巧者の手練手管に周囲は当分振り回されるのだろう。見逃せないのがメディアへの厳しい批判だ。「ロシアに弱みを握られた」との報道をした社が質問を求めると「おまえの報道は偽ニュース」と拒み続けていた。
▼むき出しの対決姿勢では多様な意見を政策に反映できないし、求められる説明責任も果たせまい。折しも政権移行期の隙をついて、中国軍が対馬や台湾周辺で活発に動く。「策士、策に溺れる」のたとえもある。いつの間にか、こんなことになっていないよう祈りたい。渡辺白泉の一句だ。「戦争が廊下の奥に立ってゐた」

要約

[297/300文字]
トランプ次期米大統領が、やっと記者会見に応じた。

のどや節回しは激しかった選挙戦と比べ少しも変わらない。
「私は最大の雇用創出者になる」と宣言してみせる一方、中国、日本との貿易不均衡を嘆く。
おなじみの壁にも言及し、「米国を去る企業には高い関税をかける」と威圧も忘れなかった。
駆け引きでは巧者の手練手管に周囲は当分振り回されるのだろう。
メディアへの厳しい批判も見逃せない。
「ロシアに弱みを握られた」と報道をした社の質問は拒み続けていた。

むき出しの対決姿勢では多様な意見を政策に反映できないし、求められる説明責任も果たせまい。折しも政権移行期の隙をついて、中国軍が対馬や台湾周辺で活発に動く。
「策士、策に溺れる」のようなことになっていないよう祈りたい。

[193/200文字]
トランプ次期米大統領が、やっと記者会見に応じた。
のどや節回しは激しかった選挙戦と比べ少しも変わらない。

駆け引きでは巧者の手練手管に周囲は当分振り回されるのだろう。
メディアへの厳しい批判も見逃せない。

むき出しの対決姿勢では多様な意見を政策に反映できないし、求められる説明責任も果たせまい。折しも政権移行期の隙をついて、中国軍が対馬や台湾周辺で活発に動く。
「策士、策に溺れる」のようなことになっていないよう祈りたい。