Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170210]罪悪をいとうバッハに共感した野村胡堂の書く活劇からは心を洗う調べが聴こえてくる。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/2/10付

エィッと、悪いやつらに銭が飛ぶ。江戸のヒーロー、銭形平次親分の得意技だ。生みの親の野村胡堂は、大のクラシック音楽好きでもあった。40年間に集めたレコードが1万数千枚。重さで家がひっくり返ったと噂もたった。「あらえびす」の名で多くの評論も書いた
▼生演奏などめったに聴けない戦前、重いSP盤を抱え、全国を講演で回った。大学生の長男が病床で、ヘンデルの「メサイア(救世主)」の総譜を読み、全曲を聴きたがった。英国から全18枚を取りよせたが、聴けずに亡くなる。楽譜は棺に納めて、母校で全曲をかけた。3千人の学生が集まり、後々まで語り草になった
▼ヘンデルと並ぶ巨匠、バッハの自筆譜が地元ライプチヒに戻り式典が行われた。ナチスの蛮行から逃れて国外に流出し、没後約260年の里帰りとなった。曲は「おお永遠、そは雷(いかずち)のことば」。罪悪には永遠の苦しみが待つと歌う。早く両親をなくし苦労を重ね、ひたすら神に捧(ささ)げる音楽を作り続けた大家の人柄がにじむ
胡堂は書斎にバッハの肖像を飾り、レコードを聞きながら書いた。父の死で学費が続かず帝大法科を中退。30年いた新聞社では、社会部長などを務めた。とりわけ、法をすりぬける不正や汚職をにくんだ罪悪をいとう音楽家の姿勢にも共感したのだろう。耳をすませば、活劇の向こうから、心を洗う調べが流れてくる

要約

[295/300文字]
バッハの自筆譜が地元ライプチヒに戻り式典が行われた。
ナチスの蛮行から逃れて国外に流出し、没後約260年の里帰りとなった。
曲は「おお永遠、そは雷のことば」。
罪悪には永遠の苦しみが待つと歌う。
早く両親をなくし苦労を重ね、ひたすら神に捧げる音楽を作り続けた大家の人柄がにじむ。

江戸のヒーロー銭形平次親分の生みの親、野村胡堂は大のクラシック音楽好きでもあった。

胡堂は書斎にバッハの肖像を飾り、レコードを聞きながら書いた。
父の死で学費が続かず、帝大法科を中退。
30年いた新聞社では、社会部長などを務めた。
とりわけ、法をすりぬける不正や汚職をにくんだ。
罪悪をいとう音楽家の姿勢にも共感したのだろう。
耳をすませば、活劇の向こうから、心を洗う調べが流れてくる。

[195/200文字]
バッハの「おお永遠、そは雷のことば」。
罪悪には永遠の苦しみが待つと歌う。
苦労を重ね、神に捧げる音楽を作り続けた大家の人柄がにじむ。

銭形平次親分の生みの親、野村胡堂は大のクラシック音楽好きでもあった。

胡堂は書斎にバッハの肖像を飾り、レコードを聞きながら書いた。
30年いた新聞社では、社会部長などを務め、法をすりぬける不正や汚職をにくんだ。
罪悪をいとう音楽家の姿勢にも共感したのだろう。
活劇の向こうから、心を洗う調べが流れてくる。