Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170530]自身や家族、体制保証のためミサイルや核なら、2500万の民にとりこれ以上の不幸はない。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/5/30付

週の初っぱなから、騒々しいことである。北朝鮮がきのう早朝、今年9度目のミサイルを発射した。隠岐諸島から300キロ北に落ちている。日本にとっては庭先のような所だ。イタリアでの主要国首脳会議で「新たな段階の脅威」と名指しされたことへの反発だろうか。
▼誕生したての韓国・文(ムン)在寅(ジェイン)政権の出方を瀬踏みする面もあろう。発射のたびに流れる映像ではトップの金(キム)正恩(ジョンウン)氏と軍人らが喜びを爆発させる姿が見られる。「日米韓は怖がっているぞ」と当人の声が漏れてきそうだ。しかし、自らに有利な局面は簡単には開けない。そんないらだちが、度重なる挑発に走らせているようだ。
▼先日「米、ミサイル300発で圧力」との記事が本紙に載った米軍による包囲網がほぼ整ったという。さらなる核実験があれば奇襲の可能性も、と伝える。一方で別のコラムには、米が北朝鮮の崩壊を恐れる中国に配慮しつつ、制裁を強める手を検討しているとあった。軍事と外交両面の封じ込め策の行方は見通せない
北朝鮮は米に体制の保証を求めたいのだという。一族による独裁で混迷する世界を乗り切れると信じているのか。結局、歴史の舞台で繰り返されたように、自身や家族、指導層の身を懸念しているだけなのかもしれない。そのためにミサイルや核に国力が注がれているなら、2500万の民にとり、これ以上の不幸はない

要約

[293/300文字]
北朝鮮がきのう早朝、今年9度目のミサイルを発射した。
主要国首脳会議で「新たな段階の脅威」と名指しされたことへの反発か。

韓国・文在寅政権の出方を瀬踏みする面もあろう。
しかし、自らに有利な局面は簡単に開けないいらだちが、度重なる挑発に走らせているようだ。

米軍による包囲網がほぼ整ったという。
さらなる核実験があれば奇襲の可能性も、と伝える。
一方で、米が北朝鮮の崩壊を恐れる中国に配慮しているとあった。
軍事と外交両面の封じ込め策の行方は見通せない。

北朝鮮は米に体制の保証を求めたいのだという。
自身や家族、指導層の身を懸念しているだけなのかもしれない。
そのためにミサイルや核に国力が注がれているなら、2500万の民にとり、これ以上の不幸はない。

[195/200文字]
北朝鮮が今年9度目のミサイルを発射。
主要国首脳会議で「新たな段階の脅威」と名指しされたことへの反発か。

韓国・文在寅政権の出方を瀬踏みする面もあろう。
しかし、自らに有利な局面は簡単に開けない。

米軍は包囲網が整える一方、北朝鮮の崩壊を恐れる中国に配慮しているらしい。
軍事と外交両面の封じ込め策の行方は見通せない。

自身や家族のためか、体制の保証が目的という。
そのために国力が注がれているなら、2500万の民にこれ以上の不幸はない。