Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

[春秋要約170729]防衛相と防衛次官、陸上幕僚長が辞任。日本の危機管理をになう人選に期待したい。<38文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/7/29付

企業でいえば最高経営責任者(CEO)と最高執行責任者(COO)、さらに主力工場の工場長が一斉に辞めるようなものだろうか。防衛相と防衛次官、陸上幕僚長がそろって辞任に追い込まれた20万人を超える巨大組織の中枢が、激しく揺れ動いている印象である。
▼もちろん日々の業務まで支障をきたすことはないかもしれない。そうはいっても、防衛省と自衛隊はわが国の安全を守るかなめである北朝鮮が核・ミサイル開発を、中国が海洋進出をそれぞれ加速し、一方で内向きの姿勢を強めた米国は迷走しているおりでもある。さすがに心配になる。日本の防衛は大丈夫なのか、と。
▼辞任ドミノを招いた「日報問題」がまた、不安を誘う。法にもとづく情報公開請求への対応が、なんともお粗末だった。企業広報の専門家に教わったところでは「公開して問題のない情報はすみやかに公開するのが危機管理の基本」とのこと。ほかでもない日本の危機管理をになっている組織で、この基本がなっていない
▼「安全保障には一刻の空白も許されない」。稲田朋美防衛相の辞表を受理した安倍晋三首相は語ったそうである。その通りだろう。言葉に見合うだけの、ちゃんとした防衛相の人選を、これからは期待したい。そういえば、やはり辞意を表明した最大野党のトップからも、ちゃんとした安全保障の議論を聞いた記憶はない

要約

[297/300文字]
防衛相と防衛次官、陸上幕僚長がそろって辞任に追い込まれた。

日々の業務まで支障をきたすことはないかもしれないが、防衛省と自衛隊はわが国の安全を守るかなめである。
北朝鮮が核・ミサイル開発を、中国が海洋進出をそれぞれ加速し、一方で内向きの姿勢を強めた米国は迷走しているおりでもある。
日本の防衛は大丈夫なのかと心配になる。

辞任ドミノを招いた「日報問題」の対応がまた、お粗末で不安を誘う。
日本の危機管理をになっている組織で、基本がなっていない。

「安全保障には一刻の空白も許されない」と安倍首相は語ったそうである。
言葉に見合うだけの防衛相の人選を期待したい。
そういえば、やはり辞意を表明した最大野党のトップからも、安全保障の議論を聞いた記憶はない。

[198/200文字]
防衛相と防衛次官、陸上幕僚長が辞任に追い込まれた。

防衛省と自衛隊はわが国の安全を守るかなめである。
日本の防衛は大丈夫なのかと心配になる。

辞任を招いた「日報問題」の対応がまた、お粗末で不安を誘う。
日本の危機管理をになう組織で、基本がなっていない。

「安全保障には一刻の空白も許されない」と語った安倍首相には、言葉に見合うだけの人選を期待したい。
そういえば、やはり辞意を表明した最大野党のトップからも、安全保障の議論を聞いた記憶はない。