パワースポット大神神社のご神体三輪山に裸足で登る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

ここ数年、二十四節気でいうところの啓蟄の頃になると
大神神社(おおみわじんじゃ)のご神体である
三輪山(みわやま)に登らせてもらうことにしています。

子供の頃は

僕にとって大神神社は初詣でいく近場の寺社のひとつでした。
人にもよるかもしれませんが、奈良県中部に住んでいると
橿原神宮と大神神社で初詣のはしごをしたり
受験前には安倍文殊院と久延彦神社に行ってみたり
厄年には岡寺、安産祈願には帯解寺とイベントの度に行き先があります。

また地元では大神神社とは言わず、親しみを込めて『三輪さん』と呼びます。
そんなこともあり、日本で最古の神社のひとつだとか
いわれや歴史などもほとんど知らないまま過ごしていました。

IMG_0380_1

朔日参り

いつだったか忘れましたが、年始に行う初詣以外にも
月はじめの1日に神社にお参りする「朔日参り」というのがあり
今でもこれをしている人が多いということも知りました。

自営をはじめようとした頃にも、たまたま
「商売してる人は三輪さんへ朔日参りしている人が多い」と耳にしました。
ちょうどブームで「パワースポット」だという話や、
「三輪山そのものがご神体で登ることもできるらしい」という話も
同じくらいの時期に聞いていて頭の片隅にありました。

そんなこともあって、会社の設立日がたまたま「啓蟄」という日だったことと
せっかくなので設立記念日らしく何か毎年できるイベントを、
と考えた時に思いついたのが「三輪山に登る」ということだったのです。

三輪山に登る

それ以来、毎年「啓蟄」の日ぴったりではありませんが
おおよそそれくらいの時期には三輪山に登らせてもらっています。

さすがにご神体ということもあり、
登る前には社務所で入山料を納め、様々な注意事項を受けたり
住所氏名を記入したり、白いたすきを受け取ったりと
事前にすべきことがあります。

普段、あまり運動をしていない人なら
登るのに結構息が切れたり、翌日筋肉痛になったりします。
僕も当時は全く運動をしていなかったこともあり大変でした。

裸足で登る

啓蟄の日以外にも、思い立って訪れて三輪山に登ったことも数度あるので
これまででトータル十数回登っていることになります。

登っていると、いろんな人に出会います。
すごいスピードで駆け上り降りる人
きちんとした神道信仰の白い装束の人
神社巡りが好きそうな女性
頂上の奥津磐座の傍で瞑想をする人etc…

そんな中、毎回のように出会ったのが「裸足で登る人」。
これが老若男女問わずおられます。
これまでは「すごいなぁ、痛くないのかなぁ」くらいに思っていましたが
昨年、小学生の男の子とその母親が裸足で登っているのを見て
次回登るときは是非試してみたいと思いました。

帰ってから「何で裸足で登る人がいるのか」と思いネットで調べると、
「神聖なご神体なので土足より裸足のほうが良いのでは」というのを見かけ
なるほど、そういう考え方もあるのかと思いました。

僕としてはちょうど昨年ジョギングを始めたばかりで
「裸足ランニング」とかそういうのを目にしていたこともあり
裸足で歩くのが気持ちいいとか健康にいいとか
そういうイメージだったのでちょっと反省しました。

そして…
次回は裸足で!と思ったその「次回」がきたのは今年の1月19日でした。
前日には雪が降りかなり寒く、足元も少し緩んでいましたが
「次回」と思っていたのでいざ決行です。

結果から言うと
・意外とイケる
・さすがに足は冷えた
・何かの実を踏んで足の裏が紫色になった というところです。

この日もやっぱり裸足の男性がいて、
心のなかで「同志だ…」と思いました。

意外とイケるとはいえ、独特の形の小石を踏むと足の裏が痛いのはもちろん
しっかり足を上げて歩かないと、つま先を石にぶつけて
「ひいっ!」となったりもしますが、このあたりはちょっとした慣れの問題。

それよりも、「自分が地面を踏んで歩いている」ということを意識させられ
土や石、落ち葉や小枝、木の根の感触や湿気、温度を感じました。
草履や靴は薄くても足を守っているんだということに改めて気づいたり。

とにかく足がキンキンに冷えたのは辛かったですが
元々冷え性で難儀する僕の足が、数日間何ともなく快適だったのは
裸足で歩き足の血行が良くなったからではないでしょうか。

あと、この日は山から降りたところで、
社務所の横手に靴置き場や足洗い場があることにも初めて気付きました。

裸足で登る(2回目)

そして、裸足2回目。
昨日はそこそこ暖かかったこともあり足取りも軽く登ることができました。
少しですが日なたでは石や土が暖かくなっていました。
前回は冷たくてあまり気付きませんでしたが、ぬかるみの感触も楽しかった。
裸足での歩き方のコツもわかっているので
「歩く」以外も意識することができます。

もう、よっぽど寒いとき以外は裸足で登らせてもらおうと思います。
今どき普通に裸足で歩けるところなんて海岸の砂浜とかくらいしか無いのに
靴置き場や足洗い場があって、足を怪我するようなゴミもなく
安心して歩けるところは他に思いつかないです。

もちろん「神聖な場所であって、遊びに行くところではない」ので
軽い気持ちで入山されないよう、ご注意ください。