Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yamato-jp/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

おっさんの夏の暴飲暴食リセットには野菜スープダイエットがおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

盆暮れはほぼ確実に太る。秋も食べ物が美味しいので太りやすいがそれは置いておく。
盆暮れになぜ太るのかというと、自分の実家や相方の実家に行くと至れり尽くせり状態で食べ物が出てくるから。そしてそれを断るのもどうにも忍びなくて、ついつい片っ端から平らげてしまう。もちろん菓子類も多いし、外食に出かける場合もある。

運動でもすれば違うのだが、自分勝手にひょこひょこジョギングに出かけるのも気が引ける。とか、考えているとクーラーの効いた部屋で汗をかくこともなくダラダラと過ごすことになる。
盆暮れに体重が増えると、自宅に戻ってからも暑かったり寒かったりを言い訳にして運動に出ることが激減する。食べ過ぎで拡張した胃はそのままなので、食事量は減らない
こうなると、体重の増加は免れない

今年もお盆が過ぎてみると、68Kgくらいだったはずの体重が73Kgまで増加した。
元々が増減しやすいとはいえ、73Kgというのは自分にとってのボーダーラインだ。明らかに顔が太って見えてくるし、体も重い。ちなみに下限(希望)は65Kg。こうなるとかなり引き締まって見える。成人して以降、数年に一度これくらいの体重になることもあるが特殊な条件が揃った場合だけ。つまり、ベストは68Kg〜70Kgなのだが大抵は70Kg前後をウロウロしている。
まぁ、とにかく体重を減らさないと

先ずは炭水化物を減らす

体重を減らすとなると、食事制限と運動以外には無い
おそらくこれに異論を唱える人はいないのではないか。ただ、僕の場合70Kgを超えてくると運動するのが億劫になってくるので、先ずは少し体重を減らさないといけない。すると選択肢は食事制限だ。
食事についても、明らかに炭水化物や糖質が好きなのでこれを減らす以外にない。

初め1〜2週間ほどはパンと麺を我慢する。朝食にパン、昼食に麺という黄金パターンに陥っていることが多いから。朝はヨーグルトに置き換える(これについてはまた別記事を書こうと思う)。そして昼はおにぎり2個までを限度とする。
ちなみに夜はごはんは茶碗1杯までだ。できれば少なめに越したことはないが、いきなり減らしすぎると続かず反動が出るので無理はしない。
ちなみにおかずについては制限無しだ。好きなだけ食べる

自分で料理をしている人の場合なら、食事内容のコントロールはしやすいが親や相方に依存している場合は、禁断の丼ぶりデー大盛りパスタのターンが巡ってきて台無しになったような気がするかもしれないが、そこは人並み程度に抑えるか減らすかは適当に決めてやり過ごすことだ。あるいは、何とかそばの台抜きのようにごはんや麺だけ減らしてもらえばいい。

おやつとかジュースは「極力」我慢
せめて量を1/3にするとか、回数を1/3にするとか、代わりにヨーグルトを食べるとか何か方法を考えよう

ご褒美の野菜スープ

1〜2週間、適当にでも炭水化物を減らすとそれだけで体重は減る。最悪でも増えていくことはない
次にさらに炭水化物を減らすために、ご褒美を準備する。野菜スープだ。
ご飯を我慢したご褒美には野菜スープを食べる(飲む)。時間無制限、食べ放題

この野菜スープのレシピは「野菜スープ ダイエット」なんかで調べるとすぐに出てくる。使う野菜は玉ねぎ、セロリ(茎) 、キャベツ、トマト(ホールトマト缶)、にんじん、ピーマンあたりで、料理慣れしていなくても作れる簡単なもの。ちなみに、僕はトマト缶を使う事が多いし、材料によって適当にアレンジする。(これについても別記事を書こうと思う)量もまとめて作って大きなタッパーにいれて冷蔵し3〜4日に分けて食べる。
ちなみに、食べ方は炭水化物(ご飯)に置き換えて食べるだけ。

ネットでは「1週間とか2週間、野菜スープをこうやって食べましょう」みたいなのがでてるけど、無理。飽きて嫌になる。こんなのは食べることに興味がないか超ストイックな人でないと続けられない。だって、ご飯と置き換えるだけでも飽きるなぁって思うことがあるくらい。そう思うと白飯スゴイと思う。毎日食べても飽きない

それは、置いておいてとにかく茶碗にでも入れてご飯と置き換えるのだが、それだけのことでおかずは好きに食べればいい
ただし、おかずでも「じゃがいも」には気をつけないといけない。あれは日本人にはおかずでもドイツ人には主食だ。腹持ちのいいデンプン系は確実に炭水化物。それと、「コーンフレークとかグラノーラ」も良さ気に見えてヤバい。こいつはヨーグルトなんかと相性が良かったりするが、腹持ちが悪い上におかずなんだか主食なんだかよくわからない。おそらくおやつだ。
そうそう、この期間中は「カレー」も食べられない。これはツライが仕方がない。じゃがいもが入っていることも多いし、ご飯かパンかナンかチャパティか何らかの形で炭水化物を合わせないといけなくなるので、しばらくは日常のメニューから外す必要がある。

とにかく、おかずは普通に食べて野菜スープは食べたいだけ食べればいい

結果

僕の場合、何回か試していこともあってコツもわかってるので3週間で3.2Kg減量し、一旦70Kgを切るところまで体重を減らした。ある程度慣れると適当なもので、毎日体重計に乗るわけでもなく、日によっては少量のご飯を食べたりパンを食べたりもする。通常体重の上限くらいまで落とすことはそんなに苦もないことで、明らかに超えていた分を意識的にほんの少しカットすれば良いだけのこと。
問題があるとすれば、野菜スープに飽きてしまう可能性があるかなというくらいで、これも慣れればアレンジ等で何とでもなるところなので追々書いていきます。

動ける身体になったところで、少しづつ運動も再開していきましょう。