[春秋要約170610]巨人軍が球団史上ワーストの13連敗。浮上には適正な人の配置と冷徹な戦力分析が必要。<40文字> #sjdis #sjyouyaku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2017/6/10付

トランプ米大統領をめぐるロシアゲート疑惑や英国の総選挙といった世界的なニュースの陰に隠れてはいるが、こちらも一大事だ。プロ野球の巨人軍が1975年に記録した球団史上ワーストの11連敗を更新してしまった。グラウンドで首をひねる選手ばかりが目立つ。
▼75年といえば、前年「わが巨人軍は永久に不滅です」の名文句で現役を退いた長嶋茂雄氏の監督1年目だ。ファンならずとも「ミスター」の苦悩を察し、心を痛めたものだった。当時とは各チームのカラーや力量は大きく変わったとはいえ、巨人は依然、伝統を誇る球界の盟主的な存在である。何が起きているのだろうか。
▼ある野球通によると、機動力に欠け盗塁できない守備の連係が悪い自前で育てた選手が少ない、などの要因があげられるという。年俸総額では12球団中2位人的資源は豊かなはずだが、適正に配置されていないのかもしれぬ。スタンドでは連日「目を覚ませ」「求ム勝利」といった横断幕が選手に奮起を促していた
▼総合電機メーカーの衰退とか、百貨店の不振といった流れとも共通項がありそうだ。巨砲よろしく事業部や店舗を並べ経営資源を注ぐが、小回りがきかず変化に取り残される図か。「負けに不思議の負けなし」との格言もある連敗は13で止まったが、1点差での勝利だ。戦力の冷徹な分析こそ、浮上のカギとなるだろう。

要約

[300/300文字]
プロ野球の巨人軍が球団史上ワーストの11連敗を更新してしまった。
グラウンドで首をひねる選手ばかりが目立つ。

各チームのカラーや力量は大きく変わったとはいえ、巨人は球界の盟主的な存在である。

ある野球通によると、機動力に欠け盗塁できない、守備の連係が悪い、自前で育てた選手が少ない、などの要因があげられるという。
年俸総額では12球団中2位。
人的資源は豊かなはずだが、適正に配置されていないのかもしれぬ。

総合電機メーカーの衰退とか、百貨店の不振といった流れとも共通項がありそうだ。
巨砲よろしく事業部や店舗を並べ経営資源を注ぐが、小回りがきかず変化に取り残される図か。「負けに不思議の負けなし」との格言もある。。
戦力の冷徹な分析こそ、浮上のカギとなるだろう。

[200/200文字]
巨人軍が球団史上ワーストの11連敗を更新。

野球通によると、機動力に欠け盗塁できない、守備の連係が悪い、自前で育てた選手が少ない、などの要因があげられるという。
人的資源が、適正に配置されていないのか。

総合電機メーカーの衰退とか、百貨店の不振といった流れとも共通項がありそうだ。
事業部や店舗を並べ経営資源を注ぐが、小回りがきかず変化に取り残される図か。
「負けに不思議の負けなし」との格言もある。。
戦力の冷徹な分析こそ、浮上のカギとなるだろう。